レスポンシブ広告2

凡人のための東大受験~自己紹介とかブログの説明とか~

スポンサーリンク
リンク広告

最終更新日2018/6/22 約1550字

目次

  1. 初めに
  2. 自己紹介
  3. ブログを始めたワケ
  4. 最後に

1・初めに

初めまして!凡人です。

このブログは1浪して東京大学文科二類に合格した凡人の私が受験体験を踏まえて

東大受験を考えている方々、特にトップでの合格でなく滑り込みでも合格したい方、今の成績では合格出来そうにない方

などへの役に立つ情報とか体験談とかを発信していくブログです!!

2・自己紹介

名前は凡人です!(本名は公開しません)私立の中高一貫校に通っていました。

高3の春から受験勉強に本腰を入れ、現役時は東大模試で全てE判定センター試験は750くらいで、東大文科一類のみを受験し不合格(2017年度)。合格者最低点から30点ほど足りませんでした。

浪人時は某大手予備校で浪人し、東大模試は夏がA、A駿台、河合)。秋がC、A駿台、河合)でした。センター試験が790くらいで、東京大学文科二類を受験し(2018年度)、無事に合格(合格最低点+10点くらい。合格者平均点を割っています。)そして現在、東大に通っています。

これを見たら分かると思うのですが、私は合格してはいますが東大生のなかでは成績的にはあまり高くないです。というか低いほうだと思います。コイツ、浪人してるし、浪人してる割には、センターの点数も9割に届いてないし、合格者平均点にも届いてない!?こんな奴が偉そうにブログなんか書くな!」という意見もあるかとは思いますが、それでも私はブログを書こうと思うのです。それには理由があります。

3・ブログを始めたワケ

最近、東大生がよくテレビに出ていますよね。テレビに出てる東大生はとっても変わった人とか、頭が良くて容姿も端麗で弱点無さそうな人とか、みんな面白くて個性的で普通じゃない人ばっかりです。

テレビの影響とか元々のイメージのお陰で、「東大生は変わり者で、とっても頭が良い集団なんだろう」と世間から思われているような気がします。(自意識過剰だったらゴメンナサイ…)

実際、私自身も東大受験を始めるまで、東大生に対してそういうイメージを持っていました。

東大は、一つのミスも許されないような超難しい試験を出してくる大学で、天才しか入れないとも勝手に思っていました。

しかし受験勉強をしていくうちにそのイメージは崩れていきました。

東大の試験は難しいことは難しいけれど、合格最低点を超える点を取ること=合格することは自分でも出来る!と気が付いたからです。現役時は落ちてしまったんですが笑)

東大は天才ではなくても、しっかり考えて勉強の量をこなせば受かる大学です(理三はまた別かもしれませんが)。

また、実際に入学したところ分かったのですが、個人的な感覚では、東大生のうち9割は私みたいな凡人です。凡人でも東大には合格出来ます。絶対。

私は受験期間中、東大受験をすでに経験された先輩方のブログとか合格体験記とかをよく参考にしていました。受験勉強で辛い時期には、そこに書いてある「自分も辛かった」とか「心配しなくても大丈夫!」みたいな温かい言葉を支えに頑張っていました。

私は受験期間中かなりブログに助けられました。だから今度は、これから受験を迎える後輩たちに、何か一つでも受験勉強への助けや励ましになることを発信する側に立とうと思ったのです。

今、東大受験のことを少しでも考えている人に、凡人の私が2回の受験体験で得た、知識とか経験談とか、凡人でも出来るおススメの勉強法とか、いろんな情報を発信して、少しでも東大受験の手助けが出来ればと思います。

4・最後に

書いているうちに当時をいろいろ思い出して、少し長くなってしまいました。忙しいこともあり頻繁には更新できないかもしれませんが、これからよろしくお願いします。

つたない文でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

凡人。

スポンサーリンク
リンク広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
リンク広告