レスポンシブ広告2

東大生がおススメする勉強法や合格体験談の使い方①

最終更新日 2018/6/22 約2400字

どうも、凡人です。

今回はタイトルの通り、大学受験をするうえでほとんどの人が見るであろう

勉強法とか合格体験談をどのように参考にしたらいいのか、ということについて書きます。

初めに結論を書いてしまいます。

勉強法とか合格体験談は臨機応変に参考にするべし!

当たり前すぎることかもしれませんが。

[目次]

1・勉強法とか合格体験談の長所

2・勉強法とか合格体験談で注意すべきこと

まず、勉強法とか合格体験談って受験生にとってはかなり参考になるものですよね。

受験って分からないことが多いと思います。「東大に合格したいけど、まず何から手を付けていいか分からない」とか「いつ頃から東大を意識した勉強を始めるべき?」みたいな初歩的なことから

「数学の時間配分をどのようにしたらいいのだろうか?」とか「試験本番の一日目と二日目での気持ちの切り替え方が知りたい」みたいな実践的なことまで、たくさんの分からないことや不安なことを抱える人が多いと思います。

受験生には悩みはつきものです。そんなとき助けになるのが先輩たちが残した勉強法とか合格体験談です。

先輩たちが残した勉強法とか合格体験談には、「自分は~~した。」とか「~~すると、緊張がほぐれておススメ!」とか悩み多き受験生の参考になることがたくさん書かれています。

個人的には

先輩たちが残した合格体験談は、受験勉強の成功例を追体験できるツール

先輩たちが残した勉強法は、受験の勉強計画を無駄のないものにする指針になるもの

だと思っています。

勉強法とか合格体験談って受験生にとってはかなり参考になることは事実ですから、

ある一つの合格体験談だけを参考に、成功した人(合格した人)のやり方を1から10まで全部マネして勉強すれば、自分が合格出来る確率も自然に高くなりそうです。

ですが、本当にそうでしょうか?私は違うと思っています

2・勉強法とか合格体験談で注意すべきこと

何個か合格体験談を見れば分かると思いますが、勉強法とか受験への取り組み方って本当に人それぞれです。同じ東大に合格した人でも毎日13時間勉強して受かった人もいれば毎日3時間で受かった人もいます。(勉強を時間で考えることに私は意見があるのですが、話がそれてしまうのでまた今度書きます)

勉強法についても十人十色で、ある人の意見では効率的だと言われているものでも、別の人の意見では絶対におススメしない、なんて書いてあることも割とあります。

勉強法とか合格体験談って、ある一つの成功例にしか過ぎないのと同時に、受験勉強の仕方も本当にたくさんあると思います

東大に毎年3000人合格するワケですから、(合格体験談を書いているかは別として)多少やり方が似ているものもあるでしょうが細かく見れば、それぞれ違った3000通りの成功例があるのではないでしょうか?

東大を目指し始めた時期も違えば、勉強の環境も違うはずだと私は思います。

例えば毎年東大の合格者が0人の地方の公立高校から東大に受かった場合と、逆に毎年の東大合格者数が全国top10に入るような高校から東大に受かった場合では、両者とも合格したことには変わりありませんが、受験勉強の方法とか取り組み方はまるで違うでしょう。

更に言えば環境の違いに加えて、もっと沢山のことを考慮する必要があります。

例えば、「8時間寝ないとダメな人か5時間でも大丈夫な人か」とか、「科目間の成績にバラつきはないけど全体的に成績が低いタイプなのか、得意科目と苦手科目の差が激しいタイプなのか」といったことです。

だからこそ、1つの体験談だけを参考にして1から10までマネするのは必ずしも良いとは言えないと私は思っています。

今現在の自分の状況と似ている人のものなら参考にすることも選択肢の一つはありますが、まるで状況が違う人のものは自分と合わない勉強法を行っていた可能性が高くあまり参考にならないと思います。

また、より普遍的な効率の良い勉強法を行うために、沢山の体験談に共通する勉強方法を真似するのことは、1つの体験談だけを参考にして1から10までマネするよりは、良い方法かもしれません。

ですが、一番重要だと私が考えているのは、その勉強法が自分に合っているかいないかです

多くの人にとって効率的な方法でも自分にとっては非効率的な方法かもしれないのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単なことです。試してみればいいのです。とりあえず1週間とか1ヶ月とか期間を決めて勉強法を試してみる。それで効果が実感できれば続ける、自分に合わなそうなら止めて別の方法を試すか、前の方法に戻す。それさえすれば自分に合った勉強法が見つけられると思います。

「臨機応変に参考にするとよい」と初めに書きましたが、要は「自分に合った方法を見つけるとよい」ということです。

先輩方が残した勉強法とか合格体験談はそこに書いてあることに従えば合格出来るマニュアルではなく、自分に合った方法を見つけるための最高のツールだと私は思っています。

なので皆さんも自分に合うかどうかを判断して、取捨選択しながら勉強法とか合格体験談を有効に利用してみてください!

もちろん、このやり方を試してみて、1つの体験談を参考にして1から10までマネするやり方が自分に合っていると感じた人はその方法でやっていくのがいいと思います。(どっちだよ!って思うかもしれませんが笑)

まとめ

  • 勉強法とか合格体験談って受験生にとってはかなり参考になる
  • だが勉強法とか合格体験談は、ある一つの成功例にしか過ぎない。受験勉強の仕方は本当にたくさんある
  • 一番重要なのは、その勉強法が自分に合っているかいないか(自分に合ったものを選ぶのがよい)
  • 期間を決めて勉強法を試してみて自分に合った方法を見つけるとよい

長くなってしまったので続きはまた今度書こうと思います。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

凡人。

スポンサーリンク
リンク広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
リンク広告